スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんなことに注意したらいいですか?

2013年08月10日23:56

飛蚊症の症状が変化し、急に目の前を飛ぶ浮遊物の

数が 増えたときは要注意です。

硝子体剥離や他の原因で網膜に穴が開いたり(網膜裂孔)、

その穴を中心に網膜が剥がれて、

硝子体の方へ浮きだす(網膜剥離)ことがあります。


また、糖尿病や高血圧、外傷などにより、眼底で出血が 起こり、

その血液が硝子体に入ると、突然、飛蚊症が起こ ります。



飛蚊症に気付いたらどうすればよいのかをまとめますと、

1.飛蚊症に気付いたら、その原因が生理的なものか、

病的なものか自分で判断せず、眼科医に相談しましょう。


2.飛蚊症を初期症状とする疾患は、いずれも早期治療が

大切です。見える浮遊物の数が増えたり、形が変わったら、

すぐに眼科医に相談しましょう。


飛蚊症のほとんどは生理的なものですが、

ときに思いがけない重い病気が

原因となっていることがあります。


症状を感じたら、早めに眼科医の診察を受けて下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。