スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大の予防は検査

2006年08月01日16:23

視力や視野検査、目の精密検査が行われますが、もっとも重要な検査は眼底検査です。

眼底検査は瞳孔を目薬で開いて、検眼鏡を使って瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を調べます。

後部硝子体剥離だけなら、まだ危機的な状態ではありません。

しかし硝子体と癒着した網膜が引っ張られているような場合は、すぐに治療しなければなりません

網膜裂孔網膜剥離が認められれば、すぐに手術する必要があります

眼底検査の結果、生理的なものと判定されれば、過度に心配せず、浮遊物を見えないような状況を作ったり、

慣れるように努力しなければなりません。じょじょに気にはならなくなりますが、浮遊物が消失することはありません

飛蚊症が生理的なものなのか、病気の前触れなのかを常にチェックしておくことが重要です
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。