スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛蚊症が起こる原因

2006年08月03日16:08

硝子体は、大部分が水で残りわずかが コラーゲンヒアルロン酸 からできています。 


繊維組織の間に無色透明なゲル状の水分が満たされているという構造になっています。


本来透明なはずの硝子体になんらかの濁りができ、その影が網膜に映ることによるものです。


この濁りは硝子体の加齢による変化や、硝子体周囲から硝子体内への出血および炎症性物質の波及


遺伝性の硝子体の病気全身の病気などによって生じます。


眼球内の大部分は、硝子体といってゼリー状の物体が中を満たしています。

角膜と水晶体を通して入ってきた光は、 この硝子体を通過して網膜に達し、映像を結びます。


硝子体の組織が、老化や何らかの原因で劣化してくると、硝子体内の繊維組織が壊れ、行き場を失った水の塊が硝子体の中にぽっかりと浮くような状態になります。


この水分の塊の中には、繊維のクズがより合わさっており、この濁りの影が網膜に映るのです。これが飛蚊症の正体です。


硝子体内の水の固まりの濁りの大きさや形、数によって見える浮遊物にも違いが出てきます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。