スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網膜裂孔、網膜剥離の手術

2006年07月24日20:39

飛蚊症の原因が網膜裂孔の場合、剥離していなければ レーザー光凝固法で治療します。 

レーザー光凝固法とは、レーザーを裂孔の周囲に照射し、網膜を焼き付けて孔をふさぐという治療法です。

点眼による麻酔だけで行うことができ、痛みはほとんどありません。治療時間も、5~15分程度です。

網膜剥離になってしまうと、レーザー光凝固法だけでなく、

高周波電流を流して網膜を焼いてくっつける電気凝固(ジアテルミー凝固)が行われます。

あるいは、冷凍凝固プローブという細かいノズル型の冷凍装置で患部を固める冷凍凝固法を用いることもあります。

これらの治療法を組み合わせて、はがれた網膜を元に戻す治療や手術が行われます。

現在では、網膜剥離を起こしても、失明の危機を回避できる可能性は高まりました。

しかしその場合でも、早期治療は大前提です

裂孔原性網膜剥離の手術は、裂孔閉鎖方法で裂孔部分の網膜をその下の色素上皮に癒着させて、

網膜下へ水が入りこむ通路をなくすことです。

そのために電気凝固(ジアテルミー凝固)、冷凍凝固、レーザー光凝固などが行なわれます

また、裂孔の閉鎖を助けるために、網膜の下にたまっている水を抜いたり(網膜下液排出)、

眼球に外側から板状または棒状のシリコンを縫いつけて、眼球壁を網膜裂孔に押しつけたりします[強膜内陥術]。

近年手術機器や技術の進歩に伴い、硝子体を切除し裂孔閉鎖や網膜下液排出を、

眼内から行う硝子体手術が行われる例も増加しています。

特に、増殖性硝子体網膜症や網膜裂孔が巨大な場合では硝子体手術が必要となる事が多くあります
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。