スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網膜剥離

2006年07月25日17:42

網膜剥離は、網膜が網膜色素上皮から、はがれてしまう状態です。

原因によって裂孔原性網膜剥離続発性網膜剥離(非裂孔原性網膜剥離)に分けられます。 

剥離した網膜は光を感じる機能を失うため、網膜剥離が進行してくると、その範囲に一致した視野欠損が生じます。 

たとえば、上方の網膜が剥離すると下方がみえなくなります。 

裂孔原性網膜剥離は、網膜裂孔を通って、硝子体のほうから網膜の裏側に液体が回り込み、網膜がはがれるものです。 

網膜血管や脈絡膜から網膜の下へ漏れたり、にじんだりした液がたまって剥離が生じるのです。

剥離は徐々に広がり、視野欠損もそれとともに大きくなります。剥離の進行は、若い人では比較的遅く、高年者ほど早い場合が多いようです。 

また、上方の網膜剥離は、網膜下にたまった水の重みで早く進みます。 

剥離が黄斑部に達すると視力が低下し、このとき初めて気づく場合も少なくありません。 

黄斑円孔による網膜剥離では、中心暗点が拡大していきます。網膜全体が剥離すると全くみえなくなります。

網膜は剥離した状態では、しだいに障害が現われ、一度黄斑部がはがれると、 

剥離が治っても視力の低下が残ることが多いので、手術はできるだけ早く行なう必要があります。
裂孔原性網膜剥離は手術で治します。 

続発性網膜剥離は、ほかの眼疾患によって生じるもので、 

ぶどう膜炎眼内腫瘍増殖性網膜症(糖尿病網膜症など)網膜色素上皮症コーツ病などでおこります。 

続発性網膜剥離は原因疾患に対する治療を行ないます。 

増殖性網膜症では、網膜が前方にひっぱられて網膜がはがれます。 

増殖性硝子体網膜症では網膜剥離が長くつづくと、網膜の表面や裏側、硝子体に増殖性変化という現象がおこって、 

網膜をひっぱる力が強くなったり、はがれた状態で網膜が固まって治りにくくなります。 

手術の前も、進行しないように、極力、安静が必要です。 

裂孔原性網膜剥離の手術は、裂孔閉鎖方法で裂孔部分の網膜をその下の色素上皮に癒着させて、網膜下へ水が入りこむ通路をなくすことです。 

そのために電気凝固(ジアテルミー凝固)、冷凍凝固、レーザー光凝固などが行なわれます

また、裂孔の閉鎖を助けるために、網膜の下にたまっている水を抜いたり(網膜下液排出)、

眼球に外側から板状または棒状のシリコンを縫いつけて、眼球壁を網膜裂孔に押しつけたりします[強膜内陥術]。 

近年手術機器や技術の進歩に伴い、硝子体を切除し裂孔閉鎖や網膜下液排出を、眼内から行う硝子体手術が行われる例も増加しています。 

特に、増殖性硝子体網膜症や網膜裂孔が巨大な場合では硝子体手術が必要となる事が多くあります
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。