スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病増殖網膜症

2006年07月18日17:12

増殖網膜症は、単純網膜症発症後、数年を経過して始まります。

網膜の血管が閉塞し、網膜の一部に血液の供給されない部分が生じと、その代償として新生血管が出現します

この新生血管はもろくて出血しやすいため、硝子体中に大きな出血をひきおこします。

この出血をくり返していると、増殖性変化や硝子体の変性萎縮が生じて、網膜剥離をひきおこし、ついには失明します。

このように、増殖網膜症は病変が硝子体にまで及んだ網膜症をいいます

この状態になると、いったん閉塞した血管は再開通せず、糖尿病の内科的コントロールとは無関係に、網膜症は進行します。

糖尿病網膜症の経過は、一般に慢性で、初期にはほとんど自覚症状はなく、

内科医からの眼底検査の依頼によって発見されることがほとんどです。

しかし、初期でも、出血やそれにともなう浮腫が眼底の中心部である黄斑に生じたり、

網膜症が進行して網膜の大量出血、硝子体出血、あるいは増殖性変化がおこると、はっきりと視力障害を訴えます。

糖尿病網膜症は、糖尿病の病歴とその特異な眼底病変から診断可能です。

腕の静脈から蛍光色素を注射して行なう蛍光眼底撮影によって網膜の血管透過性血管閉塞

無血管野および新生血管などの検討を行ない、網膜症の病態を把握し、眼科的治療方針を決定します。

硝子体出血や増殖性変化のある場合には、超音波断層検査によりその程度を検査し、

網膜の機能をみるために、網膜電位検査なども行ないます。

網膜症の治療の基本は、内科的な血糖のコントロールです。

しかし、網膜症がある程度進行すると、血糖のコントロールがうまくいっても、

網膜症は進行するので、網膜症の病型に応じた眼科的な治療が必要になります。


増殖網膜症では保存的治療はほとんど無効で、レーザー光凝固、網膜冷凍凝固、硝子体手術が行なわれます

レーザー光凝固は、初期の増殖網膜症に対して行ないます。アルゴン、クリプトンなどのレーザー光を使用します。

黄斑部を除いた網膜全体に行なう汎網膜光凝固と、新生血管のある部分の網膜のみに行なう局所網膜光凝固とがあります。

しかし、レーザー光凝固も万能ではなく光凝固を行なっても、網膜症は進行する場合があります。

硝子体出血や白内障などで眼底がみえず、レーザー光凝固が行なえない場合には、網膜冷凍凝固が行なわれます

硝子体出血や増殖性変化が強い場合には、出血や増殖物を除去する目的で硝子体手術が行なわれます

視機能の面からみると、網膜冷凍凝固や硝子体手術を行なっても、視機能の回復はよくありません

術後再出血したり、網膜剥離が進行したり、緑内障を合併したりすることがあるなど、困難な問題もあります。

したがって、糖尿病網膜症の治療は、適切な時期に、レーザー光凝固を行なうことが大切です

糖尿病と診断されたならば、内科的な血糖のコントロールが第1ですが、 

目に自覚症状がなくても、眼底検査を受け、現在の網膜症の程度を知る必要があります。

その結果により、眼科医の指示にしたがい、定期的に眼底検査を受け、網膜症が増悪するような場合、

レーザー光凝固を行ない、レーザー治療の時期を失しないようにすることが大切です
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。