スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病網膜症・糖尿病単純網膜症

2006年07月20日15:44

■糖尿病網膜症
近年、食生活の変化にともない糖尿病患者数の増加と、糖尿病にかかる長期化により、 

糖尿病の合併症である糖尿病網膜症の頻度もいちじるしく増加しています

糖尿病に10年以上かかると、その約50パーセントに網膜症がみられ、 

20年以上では、約80パーセントに網膜症が合併するとされています。 

そのため最近では、糖尿病網膜症は、中途失明原因の第1位となっています。

大きく2つの型に分けられます。 1つは単純網膜症、もう1つは、増殖網膜症です。 



■糖尿病単純網膜症

糖尿病にかかって、血糖値の高い状態が長期間持続すると、小さな血管の壁に有害物質が蓄積して、

血管が弱くなり、血管に毛細血管瘤という小さなふくらみができたり、血管が細くなったりします。

その結果、網膜に出血したり、浸出物[白斑]が蓄積したりするのを単純網膜症といいます

これは病変が網膜内にとどまっている網膜症で、糖尿病発症後、数年以内に生じてきます。

この段階で、糖尿病の内科的なコントロールがなされれば、失明の危険も少なく、網膜症が改善することもあります。

単純網膜症では内科的な血糖コントロール食事療法

止血薬や血管強化薬剤などの保存的治療により、網膜症の進行を抑制することが可能です。

また、単純網膜症でも増殖網膜症に進行しそうなものには、レーザー光凝固が行なわれます。 

しかし、高血糖の状態がつづくと、次の増殖網膜症へと進行します
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。