スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後部硝子体剥離

2006年07月27日20:34

硝子体の変質により硝子体内の繊維組織が壊れ、水の塊ができます。

この水の塊がしだいに巨大化してゆくと、硝子体全体が収縮し、やがて網膜との接触部分からしだいに剥離してゆきます。 

これを後部硝子体剥離といいます。 

硝子体が網膜から剥離するとき、網膜の表面にある毛細血管を引っ張って出血が起こります。 

このとき飛蚊症が起こるのです。 

硝子体はもともとはゲル(寒天)状の組織で、網膜を内側近から押さえつけていますが、 

年齢とともに液化・変性が進行し、硝子体ゲルは収縮・虚脱して網膜からはがれることがあります。

後部硝子体剥離は硝子体の老化現象で、近眼の人に起こりやすく、中でも女性に多く起こります。 

年齢的には中年以上の人に多いといわれます。とくに強度近視ではより早くおこります。

後部硝子体剥離が起こるとき、ある程度の割合で網膜裂孔が起こります。 

このとき、網膜と硝子体が癒着した部位がひっぱられて、牽引性裂孔ができるのです。

近視、とくに強度近視では後部硝子体剥離が早くおこる、網膜格子状変性の頻度が高い、 

などの事実が知られており、網膜裂孔もより高頻度に、より若い年齢で生じる傾向にあります。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。