スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛蚊症の種類:生理的飛蚊症(加齢によるもの等)・病気によるもの

2006年07月29日00:54

■生理的飛蚊症(加齢によるもの等)
もっとも多いものは、加齢やストレス、目の酷使にともなう飛蚊症です。

硝子体中に濁った線維が出てくる場合や、後部硝子体剥離といって硝子体のなかにできた水たまりが、 

後ろにはじけて硝子体と網膜の間にすき間ができ、はがれた後部硝子体面上に濁りができて生じる場合などがあります。

この場合は老化現象の1つで、病気ではないので、とくに治療をする必要はありません。

目は光を浴び、その光を通して網膜に映像を結びます。このとき、目は大量の紫外線を浴びています。

紫外線が目の中に入ると、硝子体の組織の中に活性酸素が発生し、組織の中のたんぱく質や資質が酸化されます。

この活性酸素は、紫外線を浴びることによって多く発生します。

その酸化物が組織内に蓄積してゆき、やがて組織の変質を招いて飛蚊症が生じるのです。

若いうちは活性酸素を分解する酵素が分泌されて酸化を防いでいるのですが、

老化にともなって酵素の分泌が減少してゆき、飛蚊症が起こります。 


・生理的飛蚊症の対策には
まず目の組織を酸化させ、変質をまねく原因となる活性酸素の発生を抑えることが重要になります。

したがって日差しの強いとき、海や山など紫外線が強い場所では、必ずサングラスをして紫外線をカットすることです。 


・活性酸素対策には
目の機能を酸化させ、そして老化させる活性酸素を少しでも避けるため、 

外に出るときはサングラスをかけるようにすることが、飛蚊症対策への第一歩です。

体内の分解酵素の産出を正常にできるようにして、これ以上の進行を止めることが必要となります。 


・酸化物の除去には
タンパク質や脂質の酸化物は、硝子体にとって大きな障害となります。 

正常ならば、酸化物を分解酵素がこれを除去しますが、これも加齢とともに不足するので、

その力を上げるために、養分を補給しなければなりません。 

活性酸素を分解する酵素を正常に産出できるようにする。 

それは目の構成物資である栄養を摂取することが、効果的で養分を補給することによって、

酸化物を除去する機能を高めてやることが必要です。 

食生活を見直すことが重要で、必要とされる栄養素を積極的に摂取すると効果的です。 


・病気によって起こるもの
生理的なものは、今すぐ重大な症状に発展することはありませんが、 

組織の変質が進行してゆくと、いろいろな眼病を引き起こし、失明することもあるので要注意です。 


主な病名を挙げ、次からのカテゴリーから、それぞれ説明していきます。 

網膜裂孔網膜剥離網膜裂孔、網膜剥離の手術硝子体出血硝子体混濁ぶどう膜炎糖尿病網膜症

糖尿病単純網膜症糖尿病増殖網膜症
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。